トレイダーズ証券
【PR】記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
【FX為替相場見通し】日銀は最後まで動かず再び世界はガッカリ

【FX為替相場見通し】日銀は最後まで動かず再び世界はガッカリ

JFX株式会社

まずは先週の振り返りです。

なんといっても前回の記事でも皆さんに注意勧告してきた、今年最後の大きな材料となる【BOJ日銀政策金利&声明発表】【植田日銀総裁の会見】です!

12月19日(火)昼前からドル円レートはジワジワと動き出しやや円安で上昇し始めていましたが、結果は……。

日銀は引き続き緩和を維持し、マイナス金利解除も見送りと発表。植田日銀総裁も「必要があれば躊躇なく追加の金融緩和を講じる」とし、今までとまったく変わらない発言となり、世界中がガッカリしたように再び円売りで反応となりました。

事前に憶測が出ていたり、「チャレンジング」など、いよいよ今年最後に昨年と同様に、利上げはないとしても明確なマイナス金利解除については言及してくると思いましたが、あっさり裏切られましたね…。

ドル円レートは時間経過とともに145円目前まで上昇し続けましたが、思ったほどは継続せずジワジワと失速。週末にはほぼ週開始時と変わらず完全に振り出しに戻って終わりました。

米ドル/円1時間足チャート
通貨強弱チャート

1週間のドルと円の強弱を分析します。円は買い戻されるも弱く、以前よりも売られ方も弱くなっており、円売り・ドル売りの状況も続き、ドル円だけが下落しドルストレート・クロス円などほぼ全てが上昇傾向になっています。

通貨強弱チャート(直近3か月)

直近3か月では11月後半で明確にドル売り・円買いが強まり、両通貨がクロスして円高ドル安の流れになっていったのが一目瞭然です。

コレは「日米の金利差が今後は縮まっていくであろう」という憶測から市場は反応したわけですが、今回の日銀発表はまったく変わらず。円は売られたものの一時的でした。

米株価指数は非常に強くNYダウは史上最高値を更新し続け、ナスダックもS&P500もなんと8週間連続で陽線をつけるほどの勢いが出ています。対して米長期債は下落気味でドルは売られていました。

この流れが2024年の本流となるならまたボラティリティはそこそこ期待できそうです。

次週12月25日(月)からは今年最後の週、年末相場となります。

材料も出尽くし本来ならやりやすい週になるはずですが、年末は手仕舞いモードとなり特殊な状況となります。

特に25日(月)は日本以外ほぼ全てクリスマス休暇で休場となり、翌26日(火)もユーロ・英国・カナダ・豪州・NZランド・スイスなど日本と米国以外はほとんど連休で休場となります。証券会社によってはまともにトレードできない可能性も高いのでご注意ください!

27日(水)・28日・(木)・29日(金)も通常通りとはならない年が多いので、急激なボラ低下によるスプレッドには警戒して望んでください!


マネックス証券|年末年始サービス時間のご案内

FXPLUS

インヴァスト証券|クリスマスおよび年末年始の取引時間

トライオートFX

松井証券|年末年始の営業時間のお知らせ(2023-2024)

松井証券FX

外為ファイネスト|(再掲載)クリスマスおよび年末年始の営業時間について

外為ファイネスト
ABOUT ME
FX「外国為替」編集部
FX「外国為替」編集部。たくさんの投資家の人生が、FXのおかげでほんの少し豊かになる—。そんな未来を目指して2022年8月に『外国為替』を創刊。雑誌は全国の書店およびAmazonで発売しています。
暗号資産CFD
DMM FX
【最新号】「無登録業者+投資詐欺」実態と防衛策
外国為替vol.9表紙

FX雑誌「外国為替」vol.9

発売:2024年2月21日(水)
定価:980円(本体891円)

Amazonで購入する

ノックアウトオプション|少額資金で大きな利益を獲得できる仕組みとは?
IG証券