トレイダーズ証券
【PR】記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

巻頭インタビュー「無形は無敵」 馬渕磨理子(一般社団法人『日本金融経済研究所』代表理事)

JFX株式会社

聞き手◉鹿内武蔵

―さまざまなメディアでご活躍ですね! 最近の活動を教えてください。

 テレビではフジテレビ系列「LiveNews α」などの報道番組、読売テレビ「そこまで言って 委員会NP」、ラジオでは東京FM「馬渕・渡辺の♯ビジトピ」、ラジオ日経「しゃべくりカブカブ!」、J-WAVE「JAM THE PLANET」に出演させていただいています。雑誌からコラムのご依頼も受けていて、「Forbes JAPAN」「SPA!」「ダイヤモンド」「集英社オンライン」「マネープラス」などに掲載いただいています。その他、日経IRフェア、資産運用EXPO、ITトレンドEXPO、 名証IRエキスポなどのイベントにもお声がけいただいていますね。

―そんな相場のスペシャリストの馬渕さんに伺いたいのですが、今号のテーマは「勝ち筋」です。馬渕さんの主戦場は株式かと思いますが、株式市場での「勝ち筋」があれば教えてください。

 書籍『5万円からでも始められる!黒字転換2倍株で勝つ投資術』にも書いたことなんですが、株価が赤字で放置されている安いときに仕込み、黒字転換したタイミングを見計らって値幅を取る手法が良いと考えています。この場合、赤字で放置されているという点がポイントで、株価がさらに下落していってしまう可能性が低いんです。その水準で買い始めるので、リスクを抑えながら、リターンを大きく取ることが期待できます。

 また、トレール注文の活用も大切です。この注文方法は、株価の上昇と共に逆指値注文が引き上がっていく(損切り水準が、レートについていく)のが特徴で、利幅を伸ばすことができます。そのため、上昇トレンドの時には、特に有効活用していますね。

―損小利大を目指すことや、トレール注文を活用することは、FXの世界にも通用しそうですね。それでは最後に、これからFXや投資で成功したいと考えている読者の皆さまに、メッセージをお願いします。

 まずは『外国為替』の創刊をお祝いさせてください。おめでとうございます。読者の皆さまは、為替専門誌である本誌から有益な情報を得ることで、投資戦略や相場の分析力を磨き上げていただきたいと思います。

 情報収集により、投資家は自由にポジションをとれます。『無形は無敵』、固執せず型のない無形こそが、投資では無敵なり。皆さまの大成功を心よりお祈りしています。

ABOUT ME
馬渕磨理子
日本金融経済研究所 代表理事 経済アナリスト 公共政策修士 京都大学公共政策大学院 修士課程を修了。トレーダーとして法人の資産運用を担う。その後、金融メディアのシニアアナリスト、FUNDINNOで日本初のECFアナリストとして政策提言に関わる。現在は、一般社団法人 日本金融経済研究所 代表理事。大学時代は、国際政治学を専攻し、ミス同志社を受賞している。書籍『5万円からでも始められる! 黒字転換2倍株で勝つ投資術』『株・投資ギガトレンド10』『京大院卒経済アナリストが開発! 収入10倍アップ高速勉強法』。
暗号資産CFD
DMM FX
【最新号】金融市場全方位攻略 各市場のエキスパートが「今の勝ち方」を強力指南!
外国為替vol.10表紙

FX雑誌「外国為替」vol.10

発売:2024年4月22日(月)
定価:980円(本体891円)

Amazonで購入する

ノックアウトオプション|少額資金で大きな利益を獲得できる仕組みとは?
IG証券