トレイダーズ証券
【PR】記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
【FX為替相場見通し】ドル円152円台に乗せれず失速!金は歴史的最高値を更新!

【FX為替相場見通し】ドル円152円台に乗せれず失速!金は歴史的最高値を更新!

JFX株式会社

まずは先週の振り返りです。
3月相場も終わり、最後の週は材料も出尽くし、ドル円で注目となったのは2022年からの3年連続となる152円台へトライをするかどうかでした。

日銀のマイナス金利解除から実質金利を上げて行く方向となったにも関わらず、まさかの円安が加速する状況は売りポジションを焼くようにどんどん強まり、円とドルの強弱は交錯しながらもドル円レートは一切下げませんでした。

遂に3月27日(水)東京時間から17時半頃まで152円台へ果敢に攻め、どんどん上昇を強める展開に。

しかし、151.970付近を天井にして二度と高値を更新することなく失速と上昇を繰り返し、このタイミングで神田財務官などによる口先介入からの「財務相・金融庁・日銀」による三社会合の発表。
コレにより不安視したトレーダーによる約定とAIっぽい反応で急落となりました。

一瞬で1円近く落ちたドル円は月末最後まで151円台という高値圏内で停滞したまま3月相場は終了。
週末・月末・年度末となる29日(金)はグッドフライデー・イースターにより日本以外のほとんど世界が休場となり早めに終わる結果となりました。

米ドル/円1時間足チャート
米ドル/円日足チャート

3月は150円台半ばという高値圏内で始まりこのまま上昇すると思われましたが、146円台半ばまで下げ本格的に売り優勢に転じたトレーダーも多かったように思います。

それは、日銀材料の結果が事前にどんどんリークしていたのもあり先読みで売り先行となったのでしょう。しかし、結果は全て真逆へと動いた感じでした。

このまま今後の日米金利差が縮まる方向性は変わっていないので、やはり円高ドル安へと時間をかけて整合性が出てくるのか!? まだまだこのままドル円レートを上昇させる円安ドル高の流れが続くのか!? そのあたりが4月からの注目ポイントになりそうです。

テクニカル的には、152円台に乗せて行けないのなら3円以上は簡単に落ちそうな感じにも見えます。

ゴールド週足チャート

GOLDは週足での大きな三角保ち合い(アセンディングトライアングル)を明確に上に抜けると2230ドルを超える凄まじい強さ! 今後2000ドル付近でサポートに変われば、さらなる強さとなりそうで、米ドルのと連動性にもしっかり注目したいところです!

通貨強弱チャート
※橙色:米ドルUSD 水色:円JPY

3月の1か月間の米ドルと円の通貨強弱を分析すると、

  • 円買いドル売りの流れから始まったが、中盤以降は円とドルは完全にクロスし入れ替わる。
  • 円売りドル買いの流れになり、最終的には円買いドル買いの時間も長くなっていた。

と見て取れます。

この円買いドル買いで拮抗し始めたのが152円台手前で拮抗していた要因であり、円もしっかり買われ始めていたことが分かります。事実ドル円以外のほぼ全ての主要通貨ペアが下落していたのも円買いドル買いが要因であることの裏付けになるでしょう。

円は売られ続けてはいないということを理解してない人は多いかもしれません。

今週から4月相場始まります。4月1日(月)からの注目指標や材料は以下のとおりです。

■4月1日(月)
※イースター・マンデーなどにより日本と米国以外の主要国が連休中により通常の相場ではありません。
8:50~日銀短観第1四半期
23:00~米国ISM製造業景況指数

■4月2日(火)
23:00~米国JOLTS求人件数

■4月3日(水)
18:00~ユーロ消費者物価指数HICP
21:15~米国ADP雇用者数
23:00~米国ISM非製造業景況指数

■4月4日(木)
※中国・香港は祝日連休へ
21:30~米国新規失業保険申請件数・貿易収支

■4月5日(金)ゴト日
中国・香港は祝日連休
21:30~米国雇用統計・カナダ雇用統計

ぜひ参考にしてみて下さい!
※4月アノマリーの記事も参考にして下さい。

ABOUT ME
FX「外国為替」編集部
FX「外国為替」編集部。たくさんの投資家の人生が、FXのおかげでほんの少し豊かになる—。そんな未来を目指して2022年8月に『外国為替』を創刊。雑誌は全国の書店およびAmazonで発売しています。
暗号資産CFD
DMM FX
【最新号】宝くじで1等を当てるよりFXの方がずっとカンタン!!
外国為替vol.11表紙

FX雑誌「外国為替」vol.11

発売:2024年6月24日(月)
定価:980円(本体891円)

Amazonで購入する

ノックアウトオプション|少額資金で大きな利益を獲得できる仕組みとは?
IG証券