トレイダーズ証券
【PR】記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
trader miwa氏インタビュー「実績があるタートルズ手法改良EAを書籍購入者に全配布する理由」

trader miwa氏インタビュー「実績があるタートルズ手法改良EAを書籍購入者に全配布する理由」

JFX株式会社

今話題のFX解説書『大衆心理FX』の著者であるtrader miwaさんに、早速インタビューをさせていただきました。

執筆に至る経緯、これまでの投資遍歴、そして実績がある手法を自動化したEAを惜しげもなく公開できる理由などを、赤裸々に語っていただきました。

聞き手◉鹿内武蔵/本文◉尾崎響子

trader miwa(とれーだーみわ)氏プロフィール
trader miwa(とれーだーみわ)氏プロフィール

FXトレーダー、不動産投資家、精神・心理のスペシャリスト。FX歴は約20年。2003年ごろからスワップポイント狙いのFXを始めるとともに、2009年以降に不動産投資を開始。2013年からFXのトレード手法の研究を再開し、2016年ごろに伝説のトレーダー集団「タートルズ」のトレード手法を知る。その手法を研究・改善して、現代の大衆心理に合わせた手法として確立。また、MT4でのEA化を実現。主なトレード手法はポンド円を中心とした順張りのスイングトレード。現在は4000万円以上の資金を運用している。レバレッジは2~2.5倍程度で、年利10~15%をターゲットにした複利運用を行う。【著書】大衆心理FX―精神・心理のスペシャリストが突き詰めたFXトレードの結論

IG証券

大衆心理を味方につけ相場と冷静に向き合う

─先日、著書『大衆心理FX』が出版されたばかりですね。まず、タイトルにもなっている「大衆心理」とはどのようなものなのか、教えてください。

「FX市場は世界中で1日に何百兆円ものお金が動く、非常に大きな市場です。大衆心理は、その市場の中の『価格』と『値動き』に表れるものです。大衆心理とは、大衆の心の総体のことを指します。価格と値動きは大衆心理の結果であると同時に、大衆心理にも影響を及ぼします。これらは相互に作用しているんです。例えば強いトレンドが生じたときは、大衆心理が強くと同時に、強く影響を受けていると考えられます。

 大衆心理とよく間違えられる『群衆心理』は、人が多く集まるライブやコンサートなどで、普段はない興奮を感じたり特殊な心理状態に陥ることです。

 大衆心理は結果であり理由であるという説は、今回の本でも取り上げています。トレンド相場以外の、高値・安値や抵抗線・支持線にも大衆心理が関わっているほか、ダブルトップやダブルボトムのような典型的なチャートパターンで相互作用が発生していることはよく知られています。これらが相場の中で見られる『大衆心理』です」

─大衆心理を生かして、どのようにトレードができるのでしょうか?

「私たちトレーダーは、大衆心理とどう対峙していくかが重要です。その上で、トレーダーが陥りがちな、気をつけるべき心理上のポイントが四つあります。

 一つ目は、大衆心理と衝動的に相対しないこと。あくまで冷静な、トレードルールに則ったトレードがセオリーです。

 二つ目は強い不安状態に陥らないこと。不安を感じているとき、人はリスクを実際よりも大きく捉えてしまう性質があるんです。その結果、自分のトレードルールを変えてしまうような行動は、大衆心理と対峙していく上では非常にマイナスになります。

 三つ目は、自分の非を認めないこと。ただ損切りが続いたときにすぐに手法を変えてしまう方がいいのかは議論の余地があります。状況に応じた対応が必要です。

 四つ目は、目の前の利益や損失にとらわれること。人間はプロスペクト理論に基づいて行動してしまうので、それを意識しておくことが大事です。

 上記全て、感情を排除してトレードルールに淡々と従うことで防止できます。それを実現する手法が、自動売買なんです」

『大衆心理FX』

>> 購入はこちらから

これまでの集大成として本を残すことを決断

─今回、本を書くことになった経緯を教えてください。

「2017年に自分のトレード手法でEAを作り、2018年からEAを取引の中心にしていきました。2021年ごろに、そろそろ自分のトレードやEAの内容を文章にまとめようと思ったんです。年齢のことも考えて、これまで考えてきたことを子どもや人に伝えていきたい思いもありました。

 そんなとき、ある出版社の方がデイトレの本を書きたい人を探している、と当時読んでいた投資系のメルマガで知ったんです。僕の手法は主にスイングトレードでしたが、書きたい内容がたくさんあったので、せっかくなら本にしてみようと決断しました。企画書を書いて応募したところ、合格しました。

 2021年の秋に正式に本を書くことが決まり書き始め、全ての行程を終えたのが2022年の年末ごろで1年半ほどかけて完成させました」

─著書の中で、トレードする上で知っておくべきキーワードはありますか?

「『エッジ』は特に大事な言葉で、『優位性』を意味します。長期的に勝っていくためには、相場や通貨ペア、銘柄の値動きに対して自分のエッジを発見すること、かつエッジを常にトレードに取り入れて継続していくことが必要になってきます。

『ランダム・ウォーク』もキーワードです。これは乱数を用いて、ランダムに価格を変動させるプログラムで作られるようなチャートのことで、ランダム・ウォークチャートとも呼ばれます。人間の気持ちや心理が関与していないチャートを指しています。

 他には『メタトレーダー4』も覚えておいていただきたいです。いわゆるMT4で、世界中で最も使われている自動売買のプラットフォームです。MT4をパソコンにインストールして稼働させ、そこにEA(エキスパートアドバイザ)というプラグインのソフトウェアを組み込むことで自動売買ができるものです。

 また僕は、『トレード手法』と『トレードルール』を本の中で区別しています。例えばレンジ相場での逆張りは『トレード手法』として説明しますが、あるインジケータの数値が100になったら次の足からはロングポジションを持つ、といったより細かい手法は『トレードルール』としています」

ある本との出会いがFXの再開へと自身を動かす

─改めて、これまでのFX経歴を教えてください。

「FXを始めたのは2003年です。当時はスワップポイントを得るようなロングポジションを多く持つやり方が流行っていました。南アフリカランド円やポンド円のロングポジションを持つやり方を覚えてから、1、2年続けました。

 その後始めたポンドの裁量取引はあまり成績が奮わず、スワップポイント狙いも利益は出る一方で通貨が安くなってしまえば損になるので、サブプライムローンショックのときにいったんFXからは離れました。そのあと、ちょうどリーマンショックがガツンと来たんです。

 2008、9年にリーマンショックの影響で安くなった不動産に興味を持ち、融資も使い20億円分ほど購入しました。2013年ごろからアベノミクスで不動産の値段が上がったこともあり、2018年ぐらいまで投資は不動産メインで、FXはあまり触らず、主に研究をすることを続けてきました。

 2016年にFXを再開したとき、『伝説のトレーダー集団 タートルズの全貌』という米国の有名な本を発見し、読んでいるうちに面白いなと思い、取り入れようと1、2年は研究に費やしました。それをベースに独自のルールを作ってトレードしたところ、特にトレンドフォローのポンド円で勝てることに気づき、自信をつけました。

 タートルズは中長期の取引がメインで、スキャルピングのような手法は多くありません。夜中もずっとポジションを持つことになります。チャンスが来たら目覚ましを鳴らすインジケーターを作り、夜中に起きていた時期もありましたが、続けるのは酷でした。そこから勉強し、積極的にプログラムを作るようになり、自動売買に切り替えました。

 タートルズのポジションサイズや損切りの設定は、時代や僕のポンド円とは相性が悪い部分もあったんです。なので、タートルズの日足20本の高値・安値のブレイクアウトにフィルタリングをかけたものを参考にはしていますが、僕は4時間足を採用していたりと細かいところでは異なります。

 当時は日足20本の高値・安値のブレイクアウトに加えてCCIでフィルタリングし、乖離率を見て勢いがあるときにポジションを持っていました。ポジションの決済は単なるトレーリングストップとシンプルにしていて、今の僕のプログラムと大差ない方法でした。

 ちなみに現在も、投資の中では不動産の規模が大きいです。他には海外のファンドを持っていたり、有名なS&Pの積み立ても少しだけやっています。最近は不動産の売却を進めていて、今後はFXの比重が高くなっていくと思います」

これまでに重ねた勝ちは独学での検証の賜物

─自分の手法が勝てると確信を持つために、検証はされたのでしょうか?

「裁量のバックテスターを使いました。日野ソフトウェアから出ているMT4裁量バックテスターでバックテストを1、2年分試して、時間をかけて裁量におけるエッジがあるかどうかを見ました。その後、自動売買化しました。

 プログラミングはもともとできなかったのですが、GoGoJungleのEAつくーるや、日野ソフトウェアのMT4EAエディタを応用しました。ゼロから作るのではなく、勉強してソースファイルを改造したんです。

 今回の本でダウンロードできるEAも、僕が2018年の10月から今までメインで使ってるものと全く一緒です。当初はまだ数百万円レベルでしたが、今は5000万円以上を運用しています」

─タートルズ改良の手法はどれぐらいのパフォーマンスになっているのでしょうか?

「2011年ぐらいからのバックテストと2018年からの実運用を分析すると、年利は平均約11%です。少しだけプラスの年もあれば、利益が大きい年もあり、差はあります。ただ、このバックテストの7、8年分と今のフォワードを合わせてマイナスだった年はないんです。平均リターンは7、8%から15%とムラはありますが、年単位では勝てています。特に順張りはボラティリティが大きい年に勝てるので、去年は18%のリターンでした」

FX業界全体のためにも手法の研究を続けていく

─今後やってみたいことはありますか?

「手法やEAの開発は一つの趣味でもあるので、今後も続けたいです。今提供しているEAも、僕がメインで使っているタートルズの手法をベースにしたスイングトレードですが、例えばデイトレやスキャルなど違った形のEAや手法が開発できるともっと面白いなと思っています。トレーダーである以上、より勝てる手法を開発して利益を出し続けていきたいです。

 既に、周りの方から教えてもらったことを参考にして自分のイメージを基にEAを作ってます。ただバックテストをしてみるとダメなパターンがあり、今はそれに改良を加えた手法を実際に使っているのですが、期間が短くてまだ自信を持ってOKとはいえません。でもこのように、新しい手法の開発も、今ある手法の改良も継続してやっていきたいです」

─近ごろはEAが流行っていますし、使うEAが一緒だと比較検討の情報になるので、利用者同士で盛り上がってきているなと感じます。

「SNSを見ていて、EAに対する理解が進んできているなと思います。僕もここ1年ほど、Twitterで情報を交換していて、今後も続けていくつもりです。自分が関わる人に失敗してほしくないですし、頑張っている人を応援したいじゃないですか。周りのトレーダーと話していても、皆さん同じことを考えているなと感じることが多いです。みんなで勝っていけるのが一番だと思います。

 トレードで勝つのは一つの社会貢献でもあります。もちろん所得が増えるという個人の利益もありますが、税金を納めることで国に対して貢献する要素もあります。さまざまな側面において、知っている人、関わり合いのある人、近しい人が勝っていくような業界にしていきたいです」

─それにしても、著書を買うだけでmiwaさんが使っているEAを誰でも手に入れられるんですよね。太っ腹過ぎませんか? というか、たくさんの人が使ったら勝てなくなったりしませんか?

「問題ありません。多くの人に投資で成功してほしいです。また、長い時間軸でトレンドの発生を狙っていくタイプのEAなので、ユーザーが増えることでむしろトレンドが続く力になる可能性もあります。本を買っていただいて、内容を読んでもらった上で、ぜひEAも試してみてください」

お金の余裕を最優先に長期的に勝てるトレードを

─上達するためには何が必要なのでしょうか?

「ベタですが、一番重要なのは心の余裕です。そして心の余裕のためには、まずお金の余裕が必要です。例えば生活費もぎりぎりに切り詰めて、負けたら生活に困るような資金でのトレードはタブーです。まずは多くの本を読んだり、多くの方にトレードの手法を教えてもらって自分なりに考えることですが、勝てる手法は何百何千もなくて、代表的なものがいくつかあるだけなんです。なので、結局は余剰資金を作り、勉強してからトレードすることが大事です。

 トレードもデモではなく、自分の余剰資金に対して低ロットで実際にトレードするのがいいと思います。自動か裁量かは問いませんが、心を整えて、自分に合ったトレード手法を習得していきましょう。そして、その心を整えるための最初のステップが、お金を貯めることです。

 僕のEAは身内や友人に数年試してもらっています。友人もそれぞれ性格が違うので、同じ手法を使っているのに例えば損切りが続いた結果不安になり、辞めてしまう人もいます。今までもトータルの成績では勝っていて、これからも勝つ可能性が高いはずなのに、短期的に負けてしまうのは不安をなくすことができないからです。

 FXを続けられない理由には、手法ではなく、資金管理がうまくできていない、そもそも資金が足りないなどが多いですね」

─あとから見ればたいしたことないドローダウンでも、ロットが大きいと続けることが難しくなりますよね。

「負けが続いたあとは勝ちが来る可能性が高いのにロットを小さくしたり、ロットを下げるべきなのに次に負けが来るかもしれないと大きくして大負けしたりを繰り返す人が多いです。同じ手法でやってても差はユニークではあるのですが、勝っていくためには冷静に淡々と、自分の心に影響されないようにするのがいいと思います」

─最後に、読者の皆さんにメッセージをお願いします。

「皆さんには、長期的に勝ってほしいです。短期的な勝ち負けだけを考えるのはギャンブルと一緒です。そのために自分に合った手法を開発するか、または開発しなくても人から教えてもらったり探したものでもいいので、自分に合った手法を身につけ、継続する。長期的に勝てる方法を覚えて、プラスの成績を出してほしいです。そのためにも、まずはしっかりした資金管理を心がけましょう」

インタビュー日◎2023年3月15日

Editor’s Note2-1|壮大なトレード実験、タートルズとは?

伝説のトレーダー集団タートルズの全貌
「伝説のトレーダー集団タートルズの全貌」マイケル・W・コベル著

「普通の人たちに優位性があるトレードルールを教え込んだら、トレーダーとして成功できるか」というプロジェクトが1980年代の米国で行われました。結果として、多数の応募者の中から選抜されたメンバーは、2週間程度の研修を経て、億単位の資産を運用。平均で25%の年平均リターンを得られたという結果になりました。普通の人間でも、優れたやり方を学び、それを忠実に実行することで投資で成功できることが証明されました。

Editor’s Note2-2|勉強しながらお金を貯めるのが最短ルート

miwaさんが語る、トレードで成功する確度が高い行動のフロー。お金がある状態でないと余裕を持ってトレードができないため、労働などでまずお金を貯めます。それには数年程度の時間はかかるので、その間に投資の勉強を十分しておけば、万全の状態で投資を開始できます。

ABOUT ME
trader miwa
FXトレーダー、不動産投資家、精神・心理のスペシャリスト。FX歴は約20年。2003年ごろからスワップポイント狙いのFXを始めるとともに、2009年以降に不動産投資を開始。2013年からFXのトレード手法の研究を再開し、2016年ごろに伝説のトレーダー集団「タートルズ」のトレード手法を知る。その手法を研究・改善して、現代の大衆心理に合わせた手法として確立。また、MT4でのEA化を実現。主なトレード手法はポンド円を中心とした順張りのスイングトレード。現在は4000万円以上の資金を運用している。レバレッジは2~2.5倍程度で、年利10~15%をターゲットにした複利運用を行う。【著書】大衆心理FX―精神・心理のスペシャリストが突き詰めたFXトレードの結論
暗号資産CFD
DMM FX
【最新号】宝くじで1等を当てるよりFXの方がずっとカンタン!!
外国為替vol.11表紙

FX雑誌「外国為替」vol.11

発売:2024年6月24日(月)
定価:980円(本体891円)

Amazonで購入する

ノックアウトオプション|少額資金で大きな利益を獲得できる仕組みとは?
IG証券