トレイダーズ証券
【PR】記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
【裁量トレーダー向け】取引ツール選択マニュアル

【裁量トレーダー向け】取引ツール選択マニュアル

JFX株式会社

現状でFXのチャート分析や裁量トレード、自動売買を行おうとしたら、国内FX会社提供のツール、MT4・MT5、TradingViewという3種類の選択肢があります。

どれも一長一短といった感があるため、それぞれの特徴を俯瞰的に押さえておきましょう。

IG証券

①FX会社提供の固有ツール|操作性抜群でスマホアプリも充実!

①FX会社提供の固有ツール|操作性抜群でスマホアプリも充実!
テクニカル分析★★メジャーなものは大抵搭載されている
ファンダメンタルズ分析★★★経済指標、ニュースなどの情報が多い
裁量トレード★★★手動の売り買いは非常にやりやすい
自動売買★〜★★★対応、提供状況はFX会社次第
拡張性基本的に拡張はできない
学習ツール​​★★FXを学べる環境を提供しているFX会社も
スマホアプリ★★★アプリは操作性が良く、できることも多い
操作のしやすさ★★★万人向け、日本人向けの設計

多くの国内FX会社は、オリジナルな分析と取引のツールを提供している。こういったツールは日本人、日本語話者向けに開発されているため、使い勝手が良くFX初心者でもなじみやすいメリットがある。

ここ最近ではスマホアプリの機能や表示も充実していて、PC版と遜色のない性能であることが当たり前になってきた。このタイプのデメリットは拡張性の低さで、オリジナルのインジケーターを追加したり、機能を付け足しすることはまずできない。

②MT4・MT5|自動売買だけでなく裁量もできる汎用性の高さ

③TradingView|FX以外の市場も分析できるチャート特化型
©︎2000-2023, MetaQuotes Ltd
テクニカル分析★★★初期搭載のインジケーター数が多い
ファンダメンタルズ分析ファンダメンタルズは苦手
裁量トレード★★★操作に癖はあるものの必要な機能は揃っている
自動売買★★★自動売買、バックテスト、EA開発ができる
拡張性★★★EAやインジケーターを自作できる
学習ツール​​★FXの基礎を学ぶことは期待できない
スマホアプリスマホ版の機能は限定的
操作のしやすさ癖があり、慣れるまで時間がかかる

MT4・MT5のポイントは拡張性の高さと自動売買の自由度。オリジナルのインジケーターを自由に追加できるため、自分好みの環境を徹底的に構築したい中上級者向け。また、操作性に癖はあるものの裁量トレードにも完全に対応している。

そして、なんといっても自動売買といえばMT4。開発、テスト、運用が全てでき、情報収集できるコミュニティも最近は増えてきた。逆にMT4の欠点は、全体的な使いづらさ。海外製ならではのとっつきにくさは否めず、設計の古さも随所に感じてしまう。

MT4が使えるオススメFX会社

ゴールデンウェイ・ジャパン 業界最狭水準スプレッドのMT4

ゴールデンウェイ・ジャパン

「日本No.1最狭スプレッド挑戦計画」でおなじみのゴールデンウェイ・ジャパン。トレーディングビューが使える「FXTF GX」とMT4が使える「FXTF MT4」の2つのFX取引サービスを展開。独自のカスタムインジケーターが豊富。MT4による自動売買も可能だ

外為ファイネスト EA開発者に人気のあるMT4口座の一つ

【外為ファイネスト】国内MT4・NDDカリネックスブリッジ

外為ファイネストは金融系のグローバル企業「Hantecグループ」の日本法人。1,000通貨単位の取引OKなのでMT4初心者でも安心。EAの利用制限はなく、スキャルピングOK。いまの取引口座に物足りなさを感じたら検討してみてほしいFX会社だ。

フィリップ証券 MT4の一歩先を進むMT5口座ならココ

フィリップ証券

これからMT4でFX取引に取り組もうと思っているのなら、MT4のパワーアップバージョンにあたるMT5の利用を検討してみていいかもしれない。電話・オンラインによる万全のサポート体制があるフィリップ証券ならはじめてのMT5でも安心して使えるだろう。

JFX スキャルピングに特化した取引環境

JFX株式会社

JFXでは分析専用でMT4を利用できる(自動売買不可)。スキャルピングOKを公言しているだけあって、スキャルピング向けの取引環境が充実。MT4で短期売買をしたい人におすすめだ。小林社長のスキャルピングトレードを見られるTwitterは必見だ!

③TradingView|FX以外の市場も分析できるチャート特化型

②MT4・MT5|自動売買だけでなく裁量もできる汎用性の高さ
チャート提供:TradingView
テクニカル分析★★★テクニカル分析の種類が多い
ファンダメンタルズ分析★★経済指標のチャート表示などが可能
裁量トレード★★対応しているFX会社のみ可能
自動売買自動売買はできない
拡張性★★★オリジナルのインジケーターが使用できる
学習ツール​​★学習には適していない
スマホアプリ★★機能は豊富だが操作性はそれなり
操作のしやすさ★★ある程度は慣れが必要

PC版はWebブラウザで稼働するため、インストールの手間がなくすぐに使えるのが嬉しい。TradingViewはチャート分析に特化したソフトウェアで、自動売買の機能はない。テクニカル分析の選択肢は幅広く、オリジナルのインジケーターも多数公開されている。

株、暗号資産といったFX以外の銘柄も表示できるため、市場にまたがった情報収集や分析も可。欠点といえば、豊富な機能を全て生かそうとすると無料版では物足りなくなる点。安く有料版の使用権を購入できるセールを狙おう。

ABOUT ME
FX「外国為替」編集部
FX「外国為替」編集部。たくさんの投資家の人生が、FXのおかげでほんの少し豊かになる—。そんな未来を目指して2022年8月に『外国為替』を創刊。雑誌は全国の書店およびAmazonで発売しています。
暗号資産CFD
DMM FX
【最新号】宝くじで1等を当てるよりFXの方がずっとカンタン!!
外国為替vol.11表紙

FX雑誌「外国為替」vol.11

発売:2024年6月24日(月)
定価:980円(本体891円)

Amazonで購入する

ノックアウトオプション|少額資金で大きな利益を獲得できる仕組みとは?
IG証券