トレイダーズ証券
【PR】記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
【FX為替見通し】投資家は「ドル円」をココから安心して買えるのか!?

【FX為替見通し】投資家は「ドル円」をココから安心して買えるのか!?

JFX株式会社
IG証券

10月2週目振り返り

10月2週目の振り返りから…。

直近の記事「【速報】米国「CPI」の結果で年内は全てFRB利上げ「0.75」で堅いか!?」で述べたが、10月13日(木)に発表された米国消費者物価指数(CPI)は少し悪い結果が出てしまい、それによりFRBは更なる強い利上げを迫られるだろう。

市場はそう予測して米株にはさらに厳しい地合いとなる。
S&P500は年初来から25%下落しており、8月につけた夏のピークからでも17%下落している。

NYダウ、ナスダックも例外ではない。

週足チャート比較(日経225、ナスダック、S&P500、NYダウ)

テクニカルを見ても、週足では強い下降トレンドとなっている。
まだまだこの流れは続きそうだ。

米株のトレンドに対して日本株(日経225)は非常に強いという稀な状況。
日本は日経の下落だけは守れている。

なす術なしと思いきや「円安を犠牲にして」計画通りなのか?
いずれにせよ米日の金利差は広がる一方で、米長期債は4%を超えており、ドル買いは衰えない。

週末10月14日(金)の大引けは、ドル円148円後半で終わるという驚きの結果となった。

1週間の通貨強弱を見ると、ドル買いが非常に強くなると円買いが追いかけ、豪ドルは強く売られていたのがここ最近の特徴でもある。

ユーロも比較的しっかり買われているので、ユーロドルは売り目線だが注意が必要だ。

2022年10月2週目の通過強弱グラフ
※上記図は1週間の通貨強弱:オレンジ=USD 水色=JPY 赤色=EUR 青色=AUD

豪ドル米ドル(AUD/USD)の売りが狙い目

10月17日(月)からドル円の上昇トレンドは非常に強いが、投資家はこの位置からでも気にせず安心してドル円をロングできるのか?

そう問われると、引き続きなかなか難しいと思われ、この投資家心理だけでも「為替介入」は効いているといえるだろう。

それよりも狙い目なのは、コロナショック時の最安値へ向かう期待値が高い豪ドル米ドルの売りではなかろうか

豪ドル/米ドルの週足チャート

強いドル買い発生時に豪ドルが売られやすく逆相関が観測できれば、テクニカル的にも下降トレンドが非常に強い。

豪ドル/米ドルのポジション板情報
ポジション板情報

「未決済保有ポジション」板情報をみても、豪ドル米ドル(AUD/USD)買いポジションは84%。

ロング過剰は今年最大レベルの偏りとなっており色々と噛み合いパーフェクトオーダーとなる。

是非、注目してみて欲しい。

ABOUT ME
FX「外国為替」編集部
FX「外国為替」編集部。たくさんの投資家の人生が、FXのおかげでほんの少し豊かになる—。そんな未来を目指して2022年8月に『外国為替』を創刊。雑誌は全国の書店およびAmazonで発売しています。
暗号資産CFD
DMM FX
【最新号】「無登録業者+投資詐欺」実態と防衛策
外国為替vol.9表紙

FX雑誌「外国為替」vol.9

発売:2024年2月21日(水)
定価:980円(本体891円)

Amazonで購入する

ノックアウトオプション|少額資金で大きな利益を獲得できる仕組みとは?
IG証券