トレイダーズ証券
【FX為替見通し】4月も後半戦へ!注目ポイントは!?

【FX為替見通し】4月も後半戦へ!注目ポイントは!?

GMOクリック証券

4月2週目の為替相場振り返り ドル円はレンジ内を乱高下

まずは4月第2週目の振り返りです。

週明けから植田日銀新総裁・新副総裁2名の発言では、

「現行のYCC継続が適当」
「現状の日本では金利を大幅に上げる状況ではない」
「マイナス金利政策を継続するのが適当」

など、現状維持な内容がほとんど。

コレにより大きく円安で反応となりドル円は上昇で始まる結果に。

4月12日(火)21:30~

♦「米国消費者物価指数(CPI)」
予想:+5.2%
結果:+5.0%

となりインフレ率は予想よりも低下。コレによりドル売りが激しくなり、ドル円はおおきく下落を開始しました。

4月13日(水)21:30~

♦「米国生産者物価指数(PPI)」
予想:+3.0%
結果:+2.7%

となり米CPIに続き予想を下回る結果。

翌月からの米インフレ率低下を示唆する結果になり、FRBの利上げが更に後退する材料になったことから、再びドル売りが強まり、ドル円は大きく下降しました。

週末4月14日(金)21:30~

♦「米国小売売上高」
予想:-0.4%
結果:-1.0%

♦「米国鉱工業生産指数」
予想:+0.2%
結果:+0.4%

♦「ミシガン大消費者信頼感指数」
予想:62.0
結果:63.5

となりまさかのドル買いが一気に強まり、ドル円は再び上に全て戻す結果で終了。一定のレンジ内を激しく乱高下する状況となりました。

2023年4月10日から4月14日のドル円1時間足チャート

ドル買い・売りがこれからもハッキリしたことは予想しにくいので、非常に難しい状況は続きそうです。

通貨強弱チャート
橙色:米ドル(USD) 水色:円(JPY) 赤色:ユーロ(UER)

しかし、円はジワジワと強く売られ気味の一週間であり、日経は強く上昇で回復しており、日本の金融政策に変更なしという状況で、市場の反応はハッキリしていました。

ユーロに関しては強くはありませんが、基本は買われ気味ではっきりしており、ユーロドルは「ユーロ買い」「ドル売り」で年初来高値を更新しています。

今後も押し目買いが良さそうな地合いです。

4月3週目の注目ポイント ユーロ買いが持続するか?

4月第3週目からの注目材料は少なく、重要な指標は特にありませんが…、

4月21日(金)

16:15~ フランスPMI速報値
16:30~ ドイツPMI速報値
17:00~ ユーロ圏PMI速報値
17:30~ イギリスPMI速報値
22:45~ アメリカPMI速報値

上記のように、週末の夕方に欧州各国のPMI速報値が約15分刻みで連発で発表されます。

現状のユーロ買いが持続するかどうかに注目しておいた方が良いでしょう。

ABOUT ME
FX「外国為替」編集部
FX「外国為替」編集部。たくさんの投資家の人生が、FXのおかげでほんの少し豊かになる—。そんな未来を目指して2022年8月に『外国為替』を創刊。雑誌は全国の書店およびAmazonで発売しています。
外為ファイネスト
外貨ex byGMO FX
【最新号】生き残れ!!適者生存FX論
雑誌「外国為替」vol.4表紙

FX雑誌「外国為替」vol.4

発売:2023年4月24日(月)
定価:980円(本体891円)

Amazonで購入する

ノックアウトオプション|少額資金で大きな利益を獲得できる仕組みとは?
IG証券