トレイダーズ証券
【PR】記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
【FX為替見通し】「米国CPI」で今度こそブレイクとなるか!?

【FX為替見通し】「米国CPI」で今度こそブレイクとなるか!?

JFX株式会社
IG証券

2月6日〜2月10日の振り返り

まずは先週の振り返りです。

連日の「日銀関連」に関わる報道などで為替はダイレクトに反応していました。下図の1週間「円の通貨強弱」からも、特に円が日足でも乱高下が強いのが分かります。

1週間の円の通貨強弱グラフ

東京時間、欧州時間、NY時間でも真逆に動くことが多く、ドル円とクロス円をトレードするトレーダーは振り回されたことでしょう。

それは「日銀後任人事」が公表されても変わらずといった感じです。

ドル円日足チャート

2022年、凄まじい勢いで上昇し続けたドル円は天井をつけて昨年の10月以降からの切り返し・トレンド転換してからは非常に速いペースで下落し続けました。

今年も年始早々から安値更新で始まったので、強い下落トレンドの流れが続きそうだと誰もが思ったのは記憶に新しいところです。

しかし、そこからは微妙な動きに。「FOMC/FRB政策金利」「ECB政策金利」「米雇用統計」など大きな材料を通過した現時点でも明確なブレイクはなく、なかなか決着はつかないまま。

レンジ相場で推移しており上値も重いですが、安値の切り上げを開始しつつあり再びブレイク待ちとなる重要な局面となっています。

2月第3週目の注目ポイント

2月14日(火)バレンタインデーの日に、またもや大きな材料と重要指標となる「日銀後任人事の国会正式提示」と「米国消費者物価指数(CPI)」が控えています。

この「円主体」となりそうな材料と「米ドル主体」となりそうな材料がぶつかり合うことになるので、どんな結果となるかは未知数なところもあります。

いずれにせよ今度こそブレイクとなってくれるのか!? しっかり方向感を示してくれるのかに注目です。

ABOUT ME
FX「外国為替」編集部
FX「外国為替」編集部。たくさんの投資家の人生が、FXのおかげでほんの少し豊かになる—。そんな未来を目指して2022年8月に『外国為替』を創刊。雑誌は全国の書店およびAmazonで発売しています。
暗号資産CFD
DMM FX
【最新号】宝くじで1等を当てるよりFXの方がずっとカンタン!!
外国為替vol.11表紙

FX雑誌「外国為替」vol.11

発売:2024年6月24日(月)
定価:980円(本体891円)

Amazonで購入する

ノックアウトオプション|少額資金で大きな利益を獲得できる仕組みとは?
IG証券