トレイダーズ証券
【PR】記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
【FX為替見通し】「米雇用統計」で激しくドル買いとなるも続かず終わる

【FX為替見通し】「米雇用統計」で激しくドル買いとなるも続かず終わる

JFX株式会社
IG証券

12月1週目振り返り

11月の流れは止まらずドル円は下落を強めた。

米雇用統計の当日である12月2日(金)は東京時間からどんどんボラが上がっていき安値を連続更新、夕方17時頃には134円を大きく割り込み133.620ほどをつけた。

18時過ぎからは急激にボラが低下し、米雇用統計を待つ動きとなり安値圏内で停滞となった。

12月2日(金)22:30発表 米国経済指標の結果

♦非農業部門雇用者数(前月比)
予想:20.0万人
結果:26.3万人

♦失業率
予想:3.7%
結果:3.7%

♦平均時給(前月比)
結果:0.6%
今年1月以来となる大幅増加

いずれにせよ非常に良好で、完全雇用を再びみせつけたかたちであった。

ドル円はドル買いがどんどん強まり、134.000付近から136.000付近までと200pips噴火し、ドルストレードは大きく暴落となった。

しかし、長くは続かず「米長期債」としっかり連動し、「米長期債」の急上昇によりドル買いが強まっていたが、「米長期債」が再び全て戻すまで落ち込むとドルは再び売り込まれる展開に。

NY市場の大引けにはドル円も全て戻す結果となった。

2022年12月2日米雇用統計発表後の米国債チャート

今週のドル円は?年内130円割れはあるか

11月発表の「米雇用統計」では激しくドルが売られたが、現在もその流れは続いている。

やはり「米雇用統計」「失業率」「平均時給」の結果は強く、市場は一時的にはドル買いとなったが、前回の流れを変えることは無かった。

週明け12月2週目からもドル円の流れは、下方向へ向いているが年内に130円を割れるかどうかは微妙なところ。

ドル円週足チャート

それでもドル円は、たった1か月強で年初来高値から18円を超える乖離となってしまった。

週足の上昇トレンドラインも大きく下に抜け、サポートラインもレジスタンスラインへと機能し始めた。

今週も週足で約620pipsの下落をマークしており、ますます戻り売りが増えそうである。

ABOUT ME
FX「外国為替」編集部
FX「外国為替」編集部。たくさんの投資家の人生が、FXのおかげでほんの少し豊かになる—。そんな未来を目指して2022年8月に『外国為替』を創刊。雑誌は全国の書店およびAmazonで発売しています。
暗号資産CFD
DMM FX
【最新号】「無登録業者+投資詐欺」実態と防衛策
外国為替vol.9表紙

FX雑誌「外国為替」vol.9

発売:2024年2月21日(水)
定価:980円(本体891円)

Amazonで購入する

ノックアウトオプション|少額資金で大きな利益を獲得できる仕組みとは?
IG証券