トレイダーズ証券
【PR】記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
【FX為替見通し】米雇用統計は強い結果となったが市場反応は違った…

【FX為替見通し】米雇用統計は強い結果となったが市場反応は違った…

JFX株式会社
IG証券

11月1週目の為替相場振り返り

10月の相場も月曜日で終わり、欧州時間は先行して冬時間となりました。

11月2日(水)は、重要指標「FOMC/FRB政策金利」で乱高下する展開に。

詳しくは前回の記事「FX速報【米国政策金利】FOMC/FRB 4会合連続0.75bp利上げ!」をご覧ください。

「FOMC/FRB政策金利」明けとなる11月3日(木)は、日本「文化の日」で休場。

10月までのように「FOMC/FRB政策金利」翌日のほうが活発になり、危険な相場の動きを予測し警戒していましたが、予想に反し穏やかな相場となりました。

米雇用統計発表後のドル円は予想外のドル売り

週末11月4日(金)21:30~に発表された米雇用統計は、

  • 米雇用統計(非農業部門雇用者数)
    予想:19.1万人 結果:26.1万人◎
  • 米失業率
    予想:3.6% 結果:3.7%△
  • 米平均時給
    予想:0.4%増 結果:0.4%〇

と強い結果となり「完全雇用」を維持。

その通りの反応でドル円は初動一瞬で60pipsほど上昇! 米長期債も上昇し、強いドル買いとなりました。

2022年11月4日米雇用統計発表後のドル円チャート

しかし10分程で動きは怪しくなりはじめ、ドル円はどんどん下落。

最終的には激しくドル売りとなり円は少し買い戻され、150pipsほどの下落でNY大引けとなりました。

ドルインデックスと円インデックスの日足チャート
「米雇用統計」発表直後からは予想もできないドル売り加速…

前月と比べると雇用者数はやや鈍化となっており、僅かとはいえ失業率は上昇しているので、市場は複雑に反応したのか?

それとも米長期債の「逆イールドカーブ」が長期化して「米国リセッション入り(景気後退)」が更に深まっているのに嫌気をさしての反応か?

いずれにしても米株の反応とも整合性はさほど無く、明確な理由は誰にも言えないでしょう。

米2・5・10・30年債の週足チャート
米2年債・米5年債の金利が米10年債・米30年債を上回っている時間が長くなっているのがわかる。今回も強く引き離した状態となって「逆イールドカーブ」の危険性が可視化される。

11月2週目の注目材料は?

問題なのは、このドル売りの流れが翌週11月2週目も続くか続かないのか。

11月10日(木)は「米国消費者物価指数(CPI)」があります。

「米国消費者物価指数(CPI)」が動かない月はなかったといっても過言ではなく、非常に危険な動きが多く警戒してほしい。

特に翌日11月11日(金)は、週末で米国・カナダ・フランスなどなど休場が多く、東京時間も通常通り動くかわからないので、投資家は11月7日(月)~9日(水)までが、まともにトレードできる感じとなるでしょう。

私も大きな指標や材料が出尽くしてからしっかり見極め、取れるところだけを狙っていきたいと思います。

ABOUT ME
FX「外国為替」編集部
FX「外国為替」編集部。たくさんの投資家の人生が、FXのおかげでほんの少し豊かになる—。そんな未来を目指して2022年8月に『外国為替』を創刊。雑誌は全国の書店およびAmazonで発売しています。
暗号資産CFD
DMM FX
【最新号】宝くじで1等を当てるよりFXの方がずっとカンタン!!
外国為替vol.11表紙

FX雑誌「外国為替」vol.11

発売:2024年6月24日(月)
定価:980円(本体891円)

Amazonで購入する

ノックアウトオプション|少額資金で大きな利益を獲得できる仕組みとは?
IG証券