トレイダーズ証券
【PR】記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
【FOMC速報】米国政策金利は利上げ停止

【FOMC速報】米国政策金利は利上げ停止

JFX株式会社

まずは前日・当時の超重要指標だった6月13日(水)21:30~「米国消費者物価指数CPI」。

前回:4.9%
予想:4.1%
結果:4.0%

と、前回・予想よりもしっかり良い数値でした。
発表直後は、激しく乱高下したものの最終的にはドル買いとなり、ドル円はその日の高値を更新。

しかし、FOMC直前に発表された6月14日(水)21:30~「米国生産者物価指数PPI」は、

前回:2.3%
予想:1.5%
結果:1.1%

と、悪い結果ではなかったがドル売りで反応し、再びドル円は下落となり前日の安値付近まで下落。

FOMCを前に上下往復しただけでハッキリしない状況でした。

ドル円15分足チャート
IG証券

6月14日(水)27:00~「FOMC/FRB米国政策金利」

直前の「FedWatch」の市場予測によると、今回は利上げ停止と予想が96.6%まで高まっていました。

結果はコンセンサス通り「据え置き」利上げ停止。
直後はドル買いで反応が強く、またまた往復を開始し、ドル円は上昇となりました。

6月FOMC直後の通貨強弱チャート
ドル円15分足チャート

FOMC声明では、

「米国の金融システムは健全で強固」
「最近の指標は、経済活動が緩やかなペースで拡大してきている事を表している」
「雇用伸びはココ数カ月は堅調で失業率も低いままである」
「インフレ率は引き続き高止まりしている」

などとし、前回と大きく変化のない内容でした。

次回以降の「利上げ」に関してはFRB投票によるドットチャートから年内に2回ほどを示唆するような内容。

コレが強めのタカ派で「株安・ドル高」となった背景に思えます。

27:30~【パウエルFRB議長による定例記者会見】の内容は、

「2%のインフレに引き続きコミット」
「ほぼ全ての当局者が年内のさらなる利上げは適切だと判断した」
「年内の追加利上げが適切だとする可能性が高い」
「インフレ率を2%に戻すには長い道のりのまま」
「我々は会合ごとに判断していく」
「金利据え置きの今回の決定は賢明だった」
などなど。

パウエルFRB議長の発言内容も大きな変化はありません。
インフレ率の鈍化は間違いないですが、まだまだ高い水準で、思ったよりも今後のタカ派的な感じは強まっている感じでした。

年内に1回~2回の利上げの可能性を高め、利上げ停止からの利下げに関して年内はない感じもします。

それらを織り込んでの市場反応が持続しトレンドとなるか!? しっかり注目していきましょう!

翌日15日(木)からも、
21:15~「ECB政策金利&声明発表」
21:30~「米国指標が多数」
21:45~「ラガルドECB総裁の定例記者会見」

週末16日(金)は、
時間未定~「日銀政策金利&声明発表」
15:00~「植田日銀総裁の定例記者会見」

など、重要指標と要人発言が盛り沢山で見逃せません!
トレードには十分に気をつけて下さい!

ABOUT ME
FX「外国為替」編集部
FX「外国為替」編集部。たくさんの投資家の人生が、FXのおかげでほんの少し豊かになる—。そんな未来を目指して2022年8月に『外国為替』を創刊。雑誌は全国の書店およびAmazonで発売しています。
暗号資産CFD
DMM FX
【最新号】宝くじで1等を当てるよりFXの方がずっとカンタン!!
外国為替vol.11表紙

FX雑誌「外国為替」vol.11

発売:2024年6月24日(月)
定価:980円(本体891円)

Amazonで購入する

ノックアウトオプション|少額資金で大きな利益を獲得できる仕組みとは?
IG証券